猫が毛玉を吐くけど大丈夫?!対策と注意したい危険な吐き方 猫はよく毛玉を吐く動物ですが、初めて吐き戻すシーンを見た人は少々びっくりしてしまうかもしれません。「カハッ」とえづいたと思ったら、口から大きな毛玉が出てくるため「うちの猫は大丈夫なの?」と心配になる人もいるでしょう。

猫が毛玉を吐く場合、ほとんどは心配いりませんが、中には病気が隠れているケースもあり注意が必要です。

今回は、猫が毛玉を吐く理由や吐く頻度を抑える方法、毛玉対策におすすめのグッズのほか、注意したい吐き方についても紹介していきます。
目次
1.どうして猫は毛玉を吐くの? そもそも猫はどうして毛玉を吐くのでしょうか。ここでは、猫が毛玉を吐く理由と頻度を紹介します。
猫が毛玉を吐く理由 猫は、舌で被毛を舐めて毛並みを整えるグルーミングを頻繁に行いますが、そのときに抜けた毛は吐き出さずに飲み込んでしまいます。通常飲み込んだ毛は消化管を通過し便と一緒に排泄されますが、一部は胃で消化されずに毛玉となり、大きすぎると腸閉塞や宿便を引き起こす恐れがあるので吐き出すのです。 愛猫が毛玉を吐くと、「なにか深刻な病気が隠れているんじゃ…」と心配になるかもしれませんが、たまに吐く程度なら心配いりません。毛球症という病気にかかると、胃の中で毛玉が大きくなりすぎて、吐いても毛玉が出てこない場合があります。
猫が毛玉を吐く頻度 健康な猫は、毛玉を1カ月~数カ月おきに吐き、長毛種や換毛期の猫はもう少し頻繁に吐く場合もあります。 1週間のうちに何度も吐く、今まで1度も吐かなかったのに急に嘔吐を繰り返す、吐く仕草はするけど吐き出せないなどの症状がある場合は、毛球症になっている可能性があるため早めに動物病院へ連れていきましょう。
2.この嘔吐は大丈夫?注意したい猫の吐き方 猫はよく吐く動物なので、ただ毛玉を吐き出しただけなのか、病気なのかの判断が難しいと感じる人もいるでしょう。猫が吐いたらよく観察し、下記に1つでも当てはまれば動物病院を受診することをおすすめします。
  • ・1日に何度も吐く
  • ・食欲がない
  • ・痩せてきた
  • ・嘔吐物に血が混じっている
  • ・嘔吐物に異物が混じっている
  • ・えずいているのになにも出ない
  • ・嘔吐以外に気になる症状がある
  • ・下痢や便秘をしている
病院を受診する際は、猫が吐く時の様子や動作、いつ吐くのか、吐しゃ物の色、最近の行動で変わった部分など、獣医師の質問に答えられるようにしておくと安心です。
3.毛玉を吐く頻度を抑える方法 心配になる猫の嘔吐ですが、毛玉を吐く頻度を減らすために飼い主ができる5つの対策をご紹介します。
ブラッシング 定期的なブラッシングは、猫がグルーミングで飲み込む被毛の量を減らせるため、毛玉の吐き戻し対策として有効です。短毛種は1週間に3~4回でブラッシングし、長毛種や換毛期の猫には、短い時間でいいので毎日ブラッシングをしてあげましょう。 猫の体調が悪いときやブラッシングが苦手な猫にむりやりすると、ブラッシング自体を嫌いになってしまう可能性もあるため、愛猫のコンディションや特徴に合わせて無理のない範囲で行うのがおすすめです。
ご飯の見直し 毛玉ケア用のキャットフードを活用する方法もあります。毛玉ケアキャットフードには食物繊維が多く配合されており、胃に溜まった毛玉を絡めとり排泄を促します。 毛玉の排出をサポートしてくれる反面、食物繊維だけが豊富で、動物性たんぱく質や炭水化物といった栄養素が少ないご飯もあるので、総合的に栄養バランスがいいフードを選ぶといいでしょう。
毛玉除去剤 毛玉除去剤とは、胃の中で毛玉が作られるのを防止してくれるサプリメントで、ワセリンが含まれているものが多く、毛玉が便と一緒に排出されやすくなります。吐く行為は体力を非常に消耗するので、体の弱い猫やシニア猫の負担軽減にもおすすめです。
猫草 猫草と呼ばれる燕麦やエノコログサの葉には細かなトゲトゲが生えており、それに刺激されて猫が吐きやすくなるとされています。 猫草を食べても吐かない猫もいますが、葉の繊維でお腹に溜まった不要なものを排出するだけでなく、お通じもよくなって便と一緒に毛玉を排出しやすくなることが期待できます。
一緒に遊ぶ 猫は、暇なときやストレスを感じたときにグルーミングをする傾向があるので、一緒に遊ぶ時間を増やし、退屈やストレスを感じないようにしてあげると毛玉の吐き戻し頻度も減るでしょう。 遊ぶ時間があまり取れない場合は、猫が1人でも遊べるおもちゃを部屋においてあげたり、遊ばなくてもただ側にいる時間を増やしてあげたりしても効果的です。
4.まとめ 猫はグルーミングによって体内に被毛を取り込むため、便と一緒に排泄されなかった被毛は胃の中で毛玉となり、1カ月~数カ月程度の頻度で吐き戻します。 毛玉を吐くことは習性の1つなので心配ありませんが、1日に何度も吐く場合や、嘔吐物に血・異物が混じっている場合などは病気の可能性があるため、すぐに動物病院へ連れていきましょう。 毛玉を吐く頻度を抑える方法としては、こまめなブラッシングや毛玉ケア用キャットフードへの切り替え、毛玉除去剤の活用がおすすめです。
お近くの店舗を探す
特集記事をもっとみる