仲良くなれる方法を伝授!猫がなつかない理由と好かれるコツ 新しく迎えた猫がなかなかなつかない、自分にだけ甘えてくれないなど、猫がなついてくれないことに関して悩んでいる方は多いのではないでしょうか?猫はその場にいるだけで癒やされる尊い存在ですが、できるなら仲良くなりたいですよね。

この記事では、猫がなつかない理由となついてもらう7つのポイントを解説。猫と一緒に楽しく遊べるおもちゃも紹介します。
目次
1.愛猫がなついてくれないのはどうして? 可愛がっている愛猫がなついてくれないと悲しいものですが、そもそも猫は警戒心が強い動物です。特に、保護猫や野良猫の場合は人間に不信感を抱いているケースが多く、警戒心を解くまでに時間がかかります。 とはいえ、長い間一緒に住んでいるのになついてのくれないなら、飼い主側にも原因があるかもしれません。猫は嗅覚や聴覚が優れているので、タバコを吸う人、猫が苦手な柑橘系・ハッカのにおいがする人、声が大きい人は「苦手な存在」として認定されてしまいがちです。 他にも、嫌がっているのに無理くり抱っこした、ブラッシングや爪切りをした場合も嫌われてしまう可能性があります。猫ちゃんが嫌がる行動はしないよう心がけることが大切です。
2.なつかない猫も好きな遊び(本能)には逆らえない なかなかなついてくれない猫と仲良くなるポイントは、ズバリ遊びです。猫は遊んでくれる人を信頼する傾向があるので、どんなに忙しくても毎日おもちゃを使って一緒に遊ぶ時間を取りましょう。 猫は狩猟本能が強い動物ですが、室内で暮らす猫はハンティングできずに刺激を求めているかもしれません。猫じゃらしや紐など、目の前に本能をくすぐるものを出されたら、なついていない人にも思わず反応してしまいます。 遊びの中で「探す、追いかける、捕まえる、噛む」といった猫の狩猟本能を引き出し、発散させてあげると愛猫との仲が深まっていくでしょう。
3.遊びで仲良く!猫になついてもらう7つのポイント 愛猫と遊びを通して仲良くなるためのコツを7つ見ていきましょう。ここで紹介するポイントを抑えれば、徐々に心を開いてくれるはずですよ。
遊びに誘うのは「ごはん前」が効果的 猫を遊びに誘うなら、ごはんの前がおすすめです。普段はあまりおもちゃに反応しない猫ちゃんでも、空腹時は狩猟本能がかき立てられるので、遊びに反応してくれる可能性が高くなります。
猫に見える位置からゆっくり近づく 犬の軽度なストレスサインにはあくび、目をそらす、舌なめずり、足舐めなどがあります。元気な犬にもみられる行動ですが、いつもより頻度が高い場合は要注意です。 猫が寝ているときや見えない位置から急に近づくと警戒させてしまうので、見える場所からゆっくり近づいていきましょう。女性の身長でも猫にとっては威圧感を覚えてしまうので、なるべく腰を落として猫に目線を合わせるといいでしょう。
落ち着いた声で話しかける 猫の聴覚は人間の約8倍あるとされており、大きい音が苦手です。なるべく音を立てずに少しずつ近づきましょう。猫に声をかけるときはもちろん、同じ空間にいるときは声のボリュームを下げ、落ち着いた声で優しく話しかけてあげてください。
長い時間目を合わせない 猫の世界では、目を合わせる=敵意があるという意思表示になるため、猫と関わるときはあまり目を見つめすぎないようにするのがポイントです。じっと見つめると、嫌われてしまうかもしれません。遊ぶときは、少し視線をそらして接してあげましょう。
10~15分くらいで切り上げる 猫は集中力と瞬発力の高い動物ですが、持続力と体力がなく遊びが長続きしません。猫の集中力が切れてから遊びに誘うとしつこいと思われてしまうため、10~15分くらいを目処に、猫ちゃんの息が上がったら遊びを切り上げましょう。
最後は必ず満足させる 遊びは、必ず猫が獲物(おもちゃ)を捕まえたタイミングで切り上げるのがポイントです。獲物を捕まえられないまま遊びを終了すると、達成感を感じられず不完全燃焼となってしまい、遊び=ストレスの溜まるものだと思われて今後遊んでくれなくなる可能性があります。
しつこく誘わない・猫が要求してきたらいつでも遊ぶ こちらから遊びに誘っても無反応なときはしつこくせずすぐに引き、反対に猫から誘ってきたときはいつでも遊んであげましょう。こうすることで猫から「嫌なことをしない人」「遊んでくれる人」と認識されるようになり、良好な関係を築けます。
4.猫に嫌われる要素も再確認しておこう いくら遊びでコミュニケーションを取っていても、以下のような嫌われる原因がある場合は、猫が忘れるまでなついてもらうのが難しいです。思い当たる項目は、早めに改善するように心がけましょう。
  • ・嫌なこと、痛いことをした
  • ・嫌なことが起きた原因だと猫に勘違いされた(大きな音が鳴った瞬間にたまたま居合わせたなど)
  • ・猫の嫌いな臭いが身体についている(柑橘系や他の動物の臭いなど)
  • ・長い期間、猫と離れていた
  • ・新しい猫を迎えた
猫に嫌われる要素を改善し、毎日遊びでスキンシップをとれば、徐々に愛猫との心の距離も縮まっていくでしょう。ただし、猫の気まぐれや体調不良、発情期など、猫側のコンディションが原因でなつかない可能性もあります。気になることがある場合は、動物病院に連れて行くことをおすすめします。
5.どんな猫も夢中になる!一緒に遊べるおもちゃ5選
6.まとめ 本来、猫は警戒心が強い動物ですので、人や環境に慣れるのに時間がかかります。しかし、家族にはなついているのに自分にだけなつかない、急に冷たくなった場合は、猫に嫌われる行動をしてしまったのかもしれません。無理に抱っこしていないか、大きな音を出していないか振り返り、思い当たる節があれば改善しましょう。 猫と仲良くなるコツは、狩猟本能をくすぐる遊びです。空腹時に誘う、集中力が持つ10~15分で終わらせる、最後は達成感を味わわせるといったポイントを押さえて接するのが効果的です。猫と毎日遊ぶ時間を作り、信頼関係を築きましょう。
お近くの店舗を探す
特集記事をもっとみる