犬がドッグフードを食べない5つの原因と対処法 愛犬が今まで食べていたドッグフードを食べないと「どこか具合が悪いのでは」と心配になってしまいますよね。
今まで食欲旺盛だったり、日中はいつもどおり生活していたりする場合は、なおさら「どうしてドッグフードだけ食べてくれないんだろう」と心配になることでしょう。

この記事では、犬がドッグフードを食べなくなる5つの原因と、それぞれの見分け方、対処法をみていきましょう。
目次
1.犬がドッグフードを食べないときの5つの原因 犬が急にドッグフードを食べなくなった場合、主な原因として以下の5つが考えられます。ご飯を食べないこと以外にも気になる点がないか観察し、理由を突き止めましょう。
  • ・体調不良
  • ・ストレス
  • ・偏食
  • ・成長/老衰
  • ・ご飯の切り替え
もちろん、病気の症状があれば動物病院にかかった方が安心ですが、それ以外の理由であれば飼い主さんでも対処できる場合がほとんどです。それでは、ワンちゃんが食欲不振になる原因と対策について、次章から詳しく解説します。
2.【原因1】体調不良でドッグフードを食べないときの対処法 まず考えられる原因が体調不良です。食欲不振は多くの病気に共通する症状ですので、愛犬の健康のためにも対処法をきちんと押さえておきましょう。
体調不良で食べないときの特徴 病気が原因の場合、食欲不振のほかにおう吐や下痢、ぐったりしているなどの何らかの症状があらわれることが多いです。子犬やシニア犬は免疫力が弱いため、咳や鼻水などの感染症の症状がみられる場合もあります。
体調不良で食べないときの対処法 気になる症状があれば、無理やり食べさせようとせず、できるだけ早く動物病院で診てもらうことがおすすめです。普段からブラッシングや歯磨きをしてスキンシップをとったり、食べる量を観察したりして、愛犬の様子を観察する習慣をつけておきましょう。
3.【原因2】ストレスでドッグフードを食べないときの対処法 ワンちゃんも人間と同じように、心に負荷がかかると食欲がなくなることがあります。犬がストレスを感じている時の特徴と対処法を確認しましょう。
ストレスで食べないときの特徴 犬の軽度なストレスサインにはあくび、目をそらす、舌なめずり、足舐めなどがあります。元気な犬にもみられる行動ですが、いつもより頻度が高い場合は要注意です。 よりストレスが溜まってくると、震える、体をなめ続ける、脱毛などの症状や、吠える、噛み付くといった問題行動につながってしまいます。
ストレスで食べないときの対処法 犬の軽度なストレスサインにはあくび、目をそらす、舌なめずり、足舐めなどがあります。元気な犬にもみられる行動ですが、いつもより頻度が高い場合は要注意です。 ストレスでドッグフードを食べない場合は、なぜ愛犬がストレスを抱えているのかを探り、その原因を改善してあげましょう。 最近の生活を振り返って、飼い犬が増えた、引っ越した、天気が悪くて散歩に行けていない、留守時間が増えたなど、愛犬に悲しい思いや不安な思いをさせていませんか?環境の変化やスキンシップの減少は小さな要因に思えますが、積み重なると愛犬の心に大きなストレスを与えかねません。 日頃から体を動かして十分に遊ばせる、ブラッシングでコミュニケーションをとるなどしておくと、リラックスして食事がしやすくなるはずです。
4.【原因3】偏食でドッグフードを食べないときの対処法 愛犬の健康のためを思って選んだドッグフードでも、味や食感の好き嫌いで食べてもらえないこともありますよね。実はこの“わがまま”、ワンちゃんの性格の問題ではないかもしれません。 偏食気味の犬の特徴とドッグフードを食べてもらうための対処法をご紹介します。
偏食で食べないときの特徴 ドッグフードを食べなくなった際、そのほかに病気やストレスの兆候がみられないなら嗜好性が高くなっている可能性があります。まだ若くて元気なのにご飯だけ食べない、おやつはたくさん食べるような場合は、単に好き嫌いをしているのかもしれません。 ご飯を食べないからといっておやつをあげている、トッピングをプラスしていると「待ってれば美味しいご飯がもらえる」と学習して普段のドッグフードを食べなくなってしまいます。偏食は犬のわがままでもありますが、飼い主さんも愛犬に対する行動を見直す必要があるのです。
偏食で食べないときの対処法 いつもどおりドッグフードをあげて10~15分経っても食べない場合は、かわいそうに感じるかもしれませんがお皿を片付け、次の食事の時間まで何も与えないようにしましょう。こうすることで次第に「今食べないと変わりのご飯やおやつはもらえないんだ」と理解し、徐々にドッグフードを食べるようになるはずです。 また、ドッグフードをぬるま湯でふやかして食感を変える、においを引き立てるなど、いつものドッグフードに少し変化をもたせる方法も効果があります。愛犬がドッグフードを食べたら、たくさん褒めてあげることも忘れないようにしましょう。
5.【原因4】成長/老衰でドッグフードを食べないときの対処法 犬も人間と同様に、年を取ると食欲が低下していきます。ここでは成長や老化が原因でドッグフードを食べないときの特徴と対処法を紹介します。
成長/老衰で食べないときの特徴 個体差はありますが、一般的に犬は生後4~5カ月をピークに体の成長が落ち着くため、体重当たりの食事量が少なくなり食欲が減ったように見えることがあります。成長し、食欲旺盛な時期を越えたのだと思いましょう。 シニア犬の場合は、筋力や消化機能の低下、味覚の衰えによって食が細くなったり、歯が抜けることでドッグフードを食べづらそうにしていたりすることもあります。
成長/老衰で食べないときの対処法 成長過程で食の好みが変わることがあるため、まずはドッグフードを変えてみるといいでしょう。ただし、子犬の時期にドッグフードを変えすぎると偏食気味になるため、できるだけライフステージが変化するタイミングで切り替えるのがおすすめです。 シニア犬に新しいドッグフードを選ぶ際は、少量でも栄養がきちんと摂れるものを選びましょう。嗅覚が鈍ってきているなら、ドックフードをお湯でふやかしてにおいを強める、トッピングをするというのもひとつの手です。
6.【原因5】ご飯の切り替えでドッグフードを食べないときの対処法 犬は成長するに従い、必要な栄養素やカロリーが変わります。ドッグフードは犬のそれぞれのライフステージに合わせて作られていますが、いつものご飯から変更したときに警戒して食べなくなってしまうこともあるようです。 ここではドッグフードの切り替えで食べなくなってしまった場合の特徴と対処法を紹介します。
ご飯の切り替えで食べないときの特徴 ライフステージの変化や妊娠などによってドックフードを変えることもあると思いますが、警戒心の強い犬は新しいご飯を怪しんで食べないことがあります。 ドッグフードのにおいは嗅ぐけれど食べない、いつものドッグフードに戻すと食べるといった場合は、警戒心が原因でご飯を食べていない可能性が高いでしょう。
ご飯の切り替えで食べないときの対処法 一気に新しいドッグフードに切り替えるのではなく、従来のドッグフードに少しずつ混ぜていく方法がおすすめです。 最初は新しいドッグフードを4分の1程度まぜ、慣れてきたら数日後に半々にして様子見し、大丈夫そうならさらに数日後4分の3を新しいフードに変えます。そして8~10日目で100%新しいご飯を与えるくらいのペースで、ゆっくりと移行するようにしましょう。 ただし、ドッグフードを変えていく最中に下痢やおう吐などの症状が見られた場合は前のものに戻し、体調が回復するまでご飯を控えて様子をみましょう。それでも体調がよくならない場合は、早めに獣医に相談してください。
7.まとめ 愛犬がドッグフードを急に食べなくなった原因には、体調不良やストレス、偏食、成長/老衰、ご飯の切り替えが考えられます。愛犬の様子をよく観察して原因を探り、それに合った対処法をすることで、ドッグフードを食べてくれるようになるでしょう。 自宅で対処できるケースもありますが、気になる症状がある場合は自己判断をせず、早めに動物病院を受診することをおすすめします。