イオンペット株式会社(代表取締役社長:米津一郎、以下イオンペット)は、「ひがし東京夜間救急動物医療センター」を運営する株式会社東京イースト獣医協会動物医療センター(代表取締役 山口 伸也)の発行済全株式を取得し、完全子会社といたしましたので、お知らせいたします。

 

1.「ひがし東京夜間救急動物医療センター」について

 2007年の開設以来、飼い主さまのかかりつけ動物病院に代わって夜間救急診療を施し、翌日にはかかりつけ動物病院に必ずお返しするという理念のもと、20:00~深夜 3:00の夜間救急診療を年中無休で提供してきました。当院は東京都・千葉県エリアにおいて、紹介実績のある300以上の動物病院とのネットワークを大切にし、飼い主さまの幸せなペットライフを支えてきました。

 

運営会社

株式会社東京イースト獣医協会動物医療センター

代表者

代表取締役 山口 伸也

所在地

東京都江東区亀戸9丁目23-12 シティポート亀戸1F

 

2.イオンペットについて

 「動物と人間の幸せな共生社会の実現」を目指し、ペテモブランドの下で、動物病院、グルーミングサロン、物販店舗を全国的に展開しています。直営8院のセンター病院と43院のクリニックでは、約200名の獣医師と約360名の動物看護師が在籍し、予防から高度医療まで様々な症例に対応しています。また、センター病院を中心に、近隣のクリニックや提携動物病院とともに地域単位で動物医療に貢献していく「ペテモネットワーク」の構築を進めています。

 

3.全株式の取得による子会社化の目的

 ひがし東京夜間救急動物医療センターとイオンペットは、地域での動物病院間の連携を深めることで、エリア全体の動物医療水準を向上させ、ペットオーナーに貢献していくという共通の理念を持っています。

ひがし東京夜間救急動物医療センターは、今後も首都圏エリアを中心として、より一層充実した動物医療の提供を目指してまいります。

 

今後もイオンペットは、動物医療を軸に健康的で幸せなペットライフに一層の貢献をしていく企業集団に成長を遂げることで、動物と人間の幸せな共生社会の実現を目指してまいります。